FC2ブログ
2020-01-16 00:26 | カテゴリ:楽器
p2671.jpg
広告で100本限定でWAVESの激安セール!
早速見てみると全く安くない…。

でもL316だけは欲しいなぁなんて思って検索すると楽天に1桁安い値段で売られていたため飛びついた!UADのMaximizerにずっと不満を持ち続けていたので飛びついてしまった。さすがに32 Sampleだと使い物にならないぐらい音飛びなどが発生する重さ。まあミックス用ぼプロジェクトに刺すので問題ないですが。

さすがWAVES L316!!
無茶苦茶な設定でも音が割れない。
やっぱMaximizerだけはWAVESに限りますね。
スポンサーサイト



2020-01-13 23:43 | カテゴリ:日記
p2667.jpg
大丸梅田店で開催中のヒカルの碁展じゃなく小畑健展に。
結構混んでいて人気の高さがうかがえたものの、もったいないながらも自分はその1/4程度しか見ませんでした。っていうかヒカルの碁以外興味が無いので。。。

原画が良かった。
全然単行本と迫力が違う!
塔矢名人がネット越しに佐為の気迫というかガンダム風に言うとプレッシャーを感じながら116手目を受けるシーンの原画は最高でした。このシーン好きだ!
そして佐為のいなくなる原画にウルッときてしまった。

正直、物販でヒカルの碁グッズだけ買って帰りたかったものの、入場者限定だったために入場料払ったようなものだったのですが、見に来て良かったです。


p2668.jpg
戦利品。
画集はヒカルの碁オンリーなら欲しかった。
複製原画は通販で良いのでもっと種類増やして欲しかったなぁ。
上述シーンとか、色々名シーンテンコ盛りなのに。
というか塔矢名人グッズが欲しかったんです!!

最近意外と買っているのがTシャツ。
オシャレなジャケットの下に意味不明なTシャツ着るのが好きなんです。


p2670.jpg
ポスターの有効な使い方、配線隠し!
これでも8割隠したんです。。。
あと半分、もう少し隠したいところ。


p2666.jpg
そういや佐為 vs 塔矢名人戦のAIでの評価ってどんなものなんだろうと検討。ヒカルの碁本編では塔矢名人の方が若干有利で進んでいたものの、この時点でAIは2.5目佐為優勢。

塔矢名人が打ち切ったら「私の反目負け」と言っていたものの、現在のコミ6目半だと塔矢名人の半目勝ちに。。。複雑な心境です。
2020-01-12 15:54 | カテゴリ:楽器
DAWのエフェクター。
前々から現代音楽に欠かせない過剰な音圧稼ぎ、いわゆるノリ波形と呼ばれる最初から最後までずっとクリッピング(プチって音や割れた音)しない限界まで音圧を上げ切った状態を無理矢理作るエフェクターをUADのPrecision Maximizerに任せていたものの、ずっとその効きに対して不満を持ち続けていたので、何の気なしに他のエフェクターを試してみた。


p2665.jpg
とりあえずCubase付属のエフェクターを使う。
なんか数年損した気がしました。
インストールした瞬間に使わないから、開きもせずに削除していたのですが、数年ぶり、、、もしかすると10年以上ぶりに開いたのですが、特にこの左上のStudioEQ!フィルタリング前後のスペクトラムを表示しながらイコライジング出来るし効きも文句なし!最高、と思いきやバージョン10からってことで数年損したってことでも無かった…。てことでバージョン10でリファインというか見直しされたエフェクターは全て使えそうな気がします。

右上のNIのエフェクターもそこそこの出来ながらも画面がキレイなので使いたくなります。逆にT-Racks、、、初期からはダイブマシにはなってきているのですが、もうちょい頑張って欲しいところです。
2020-01-05 22:02 | カテゴリ:楽器
p2660.jpg
Macを新調したのでオーディオインターフェイスも新調。
今までMac Proを使っていたため、UAD-2 PCIe Cardが使えていたのですが、PCIeが使えなくなり、後々博打でCenturyのThunderbolt3 PCle Expand BOXというPCIeからThunderbolt3の変換BOXを買おうと思っているものの動作保証もされていないため、確実に動かせるものを用意した次第。UAD-2というのは特定の音声処理に特化した演算装置(DSP)で、Mac上で様々な処理を行っているCPUに依存せずに済むという優れもの。CPUに負荷をかけないのでDSPの限界までは使えるマルチエフェクターみたいなものです。
このUAD-2が無いとミックスを終わらせられないんですよ…。


p2661.jpg

p2662.jpg
とりあえずデモ期間中にギターとベースのプラグインを試す。

ギターはDiezel VH4以外は全く好みではなかったもののAmplitubeより再現度や音圧を比べるとよく出来ていると思ってしまった。MarshallはキャビネットをCelestion Vintage 30に変更できるようにして欲しかった。このキャビネットの音好きじゃない!

ベースアンプは総じて微妙。
EDENアンプがあったので早速試すも全く特徴を捉えていないような?EDENアンプに欠かせないエンハンス、所謂マジック・ノブと呼ばれるスイッチの効きが全く違う。MODULEにも遠く及ばない出来でした。


p2663.jpg

p2664.jpg
それにしても恐るべきはThunderbolt3、全く遅延を感じずにストレスフリー。
やっぱ音楽はこうあるべきです!!

と思ってそれぞれプチノイズが発生しないバッファサイズでのレイテンシを比較すると、1.473msしか速くなっていない??MOTU UltraLite mk3はこのバッファサイズでも演奏に支障をきたすのですが、いったいどういうこと??
もしかしてUltraLiteを新Macに接続すると遅延しないとか??

MOTUがmacOS 10.15 Catalinaにインストールさえさせてくれないので、インストール出来るようになれば試してみます。
2019-12-31 18:51 | カテゴリ:楽器
p2654.jpg
ということで10年以上ぶりにMacbook Proを購入。
メインもMac Proからこちらに変更。
なんやかんや置いてみると作業スペースとしては狭すぎますが…。

というか相変わらずMacの売り言葉が宗教染みて気持ち悪い。なんで世界最高とか簡単に出てくるのか。ついでに最も大きいとか書いてあるものの過去に17インチ売ってたじゃんと。。。


p2655.jpg
拡張性も低いためUSBハブでタコ足配線。
Steinberg Key、USB Ignition Key for Reason、iLokで3ポート、オーディオインターフェイス、midiコン、midiインターフェイス、パワーアンプ/キャビネットシミュレータで4ポート。BOSS editer、iPhone/iPad管理用なんかを考えても全く足りない。これ音楽プロデューサー用なんて宣伝文句ありますが、こんな感じで本職の人だと全然使えないんじゃ?


p2656.jpg
もう片側も曲保存用のSSDとあわよくばサンプル保存用でThunderbolt3を使ってしまうため、これで全ての穴が塞がれる。ってことはオーディオインターフェイスをThunderbolt3に接続できない…。


p2657.jpg

p2658.jpg
Touch Barは残念ながらLogicのような純正ソフトじゃないと使えない模様。
このSiriボタンいらねー(笑)


p2659.jpg
midiコンあれば全く不要ですが!